展望

*大阪人間科学大学
昨年度、見事リーグ戦4連覇を果たした大阪人間科学大学。昨年のこの大会では惜しくも大阪体育大学に敗れ2位という辛酸を舐めたが、今年は雪辱をはらしタイトル奪還を目指す。展開の早いオフェンスから、粘りのディフェンスで試合のリズムを作る。安定したリバウンドでゴール下を守りチームを支えるNo.4宮崎。力強い1対1オールラウンダ―が持ち味のNo.5塩田。昨年度リーグ戦で個人賞を5つ獲得し、常に攻めの姿勢のNo.11金田。昨年度から主力メンバーとして活躍していた3人を大きな柱として、キレのあるドライブのNo.13篠原、ルーキーの峰を加え、新たな風を人科大に吹かせる。チーム目標としてインカレ優勝を掲げる大人科は今年も素晴らしいゲームを見せてくれそうだ。

*大阪体育大学
昨年度の全関西で4年ぶりに優勝を勝ち取り、昨年度のインカレではベスト8入りを果たした大阪体育大学。粘り強い激しいディフェンスで流れを掴み、オフェンスでは素早いゲーム展開で相手チームを凌駕する。そんな大体大の切り込み隊長となるNo.4灘本は、キレのあるドライブで見るものを圧倒させる。また、No.6前田の当たり負けしない力強いリバウンド、No.5大石の攻めるディフェンスで流れを作り、チームを導く。昨年度新人賞に輝いたNo.11中村は大会ごとに着実に力をつけている。昨年度から活躍していた選手に加え、未知数のルーキーが加わりどんなチームカラーになるか楽しみである。昨年度会場を沸かせた大体大が掲げるのは学生日本一。大体大の選手たちの目には2連覇しか見えていない。

*武庫川女子大学
昨年3位とあと1歩の結果で終わった武庫川女子大学。今年度は決勝に進出し、勝ち切ると闘志を抱き練習に力を尽くしている。チームの強みは流れを変える戦略的な3Pシュートだ。そこで要となるのが、No.9藤田のどこからでも飛んでくる3Pシュートとなる。また、昨年度から大きく活躍し、チームの大黒柱となるのはNo.4飯尾。多彩なテクニックと鍛えられた足から生み出されるスピード、ゲームコントロールまでこなすNo.7土田。4回生となった支柱がその経験を生かしてどんなプレイを見せてくれるのか今から楽しみである。新チームになって初めての公式戦である今大会で新しいルーキーも加わり、どんな力を見せてくれるのか、その活躍に大いに期待したい。

*天理大学
昨年度の全関西で4位をもぎ取り、リーグ戦では1部リーグ上位チームに躍進し勢いに乗る天理大学。平均身長が低いがそこをカバーするために足を生かした粘り強いディフェンスを磨き上げ、縦ではなく横で勝負する。No.4小出は攻守ともに安定したプレイをし、オールラウンダーとしてチームの柱となる。また、No.14足立の一歩も引かないディフェンスとNo.18上中の機敏な動きで相手を翻弄するオフェンスでチームを盛り上げる。そんなチームを巧みなパスでアシストするのがNo.12一万田沙織。No.5一万田真優との息の合ったコンビネーションにも目を光らせたい。昨年度の中心メンバーが残っており、より精度の高いプレイで勢いに乗った天理大を止めることは難しそうだ。

*関西外国語大学
インカレ出場に向けてリーグ戦で上位入賞を目指し、今大会で勢いをつけたい関西外国語大学。新入生を迎え、高さとスピードを武器にアーリーオフェンスでゲームを作っていく。ゲームメイカーのNo.4窪田は3Pシュートの精度をより上げて今大会に挑む。高い身長が持ち味のNo.12北川はゲームの流れを変える爆発力を持つ。そして、No.7岡本は前年度の出場時間が少なかったが、高い技術を身につけ準備に余念がない。ルーキーのNo.19吉田の可能性にも目を置きたい。BEST4を目標に勝利を重ねてくれるだろう。

*立命館大学
昨年5位と、あと一歩のところで惜しくもBEST4に手が届かなかった立命館大学。昨年度の西日本大会で人科大に67-55と勝利し準優勝と着実に力を伸ばしている。今大会の目標は優勝。テンポの早いパッシングでスピードをつけ、ディフェンスではブレイクをするために激しいマッチアップが繰り返される。No.4羽田のチームを包括するリーダーシップ、No.6中田のアグレッシブなリバウンド、No.12辻本の正確な外角シュートが3柱となりゲームを作る。毎年上位入賞している立命館がトップの座につくのは目前かもしれない。

*奈良学園大学
昨年度の全関西、リーグ戦でBEST8と思うような結果を残せていない奈良学園大学。今年度は厚い選手層で新チーム一丸となり上を目指す。高さを生かしたインサイドとアウトサイドのハードなオフェンスが特徴である。No.4上田のキレのあるディフェンスからのブレイクとNo.7白崎のボールを持ったらゴールを揺らす技巧的なドライブでゲームを作る。そして、身長180cmとチーム1の高さを持つ野々村のコール下のプレイは他を圧巻する。身長を武器とした激しいプレイを見たい。

*関西学院大学
昨年はBEST16と悔しい結果に終わった関西学院大学。今年は持ち味のチームディフェンス、そこからの速攻で関西優勝を目指す。コート上で声を出しチームを牽引する主将No.4
中川。巧みなボールハンドリングでパスを繰り出すNo.17山口のゲームメイク。2つの柱に加えて、ルーキーから活躍を見せ、チームを支えるNo.13井上。パワーあふれるプレイスタイルは存在感を観客にまで与える。また、ルーキーのNo.26前野はアグレッシブなプレイでチームを盛り上げる。新たな関学大のバスケットに注目する。

*同志社女子大学
昨年のリーグ戦で見事2部優勝を果たし、1部のチーム相手にも互角の戦いを見せた同志社女子大学。「高さへの挑戦」を目標に掲げ、失敗を繰り返しプレイの幅を広げてきた。スピードとトランジションを中心とし、個を生かしたオフェンスが見どころとなる。主将No.22川原田はチームの個性を繋げ、No.18河合が得点力としてオフェンスの軸となる。昨年度から活躍するNo.48後藤とNo.73野村のコートを駆けチームを鼓舞する姿に期待したい。2年連続2部優勝に向けて闘志を燃やす。

*京都学園大学
前年度の秋季トーナメント大会を準優勝と着実に伸びている京都学園大学。ディフェンスが嫌がる力強く、クールなドライブと粘り強いディフェンスを目標に今大会ベスト8を目指す。スキルがあり、クレーバーなNo.24大西が中心となり、リバウンド力があるNo.5片山、内外のシュート率が高いNo.10渡邊が安定したプレイでチームを支える。注目のルーキーである身長178cmのNo .31姫野の得点力、努力家のNo.4宮下の爆発的なプレイにも期待される。目標を胸に新たな京学園を見せてくれるだろう。

*流通科学大学
昨年のこの大会でノーシードから大躍進をみせ人科大に敗れたが善戦し、見事BEST16入りした流通科学大学。リーグ戦では2部昇格に惜しくも届かなかったがチームの力を見せつけた。今年度は少人数だが、ルーキーから活躍したNo.9百崎とNo.77鴇田がオフェンスの起点となり、小さいチームながら粘り強いディフェンスから得点につなげるプレイスタイルで戦う。昨年の勢いのまま今大会でどこまで食い込んでくるのか、今年度特に注目チームである。

*大阪教育大学
各選手の個性を活かしたオフェンスに、粘り強いチームディフェンスが特徴の大阪教育大学。No.7蔭山の身長を活かしたリバウンドでチームを支え、今シーズン怪我から復帰したNo.18山田が持ち前のセンスとシュート力でチームに勢いをもたらす。当たり負けしない力強いカッティングと得点力があるNo.11塩見は昨年度のリーグ戦で大きな活躍をみせた。注目のルーキーNo14.竹野が広い視野とテクニックで相手を交わし新しい風を吹かせてくれるのだろう。昨年の成績を超え上位を目指す大教大に注目したい。

*園田学園女子大学
昨年度はBEST16と悔しい結果に終わった園田学園女子大学。今年度はチーム全員で最後まで守りきるディフェンスを生かし、BEST4を目指す。スピード感のあるドライブが特徴のNo6.下吹越がキャプテンとして声でチームを引っ張り、精神的支柱となる。得点力のあるポイントガードNo.30潮崎は流れを作る。最上級生を中心とした2本の柱に続き、オールラウンドプレイヤーとしてバランスのあるNo.39乕田、No9.砂本が外からのドライブ、中でのセンタープレイを器用にこなす。園田大の活躍に期待が高まる。

*京都教育大学
オフェンス・ディフェンス共に組織プレイを形成し、相手に対して隙を見せず力強いプレイを見せる京都教育大学。前大会ベスト16でのスターティングメンバーが一新され、その潜在能力は未知数である。No.4川北をキャプテンとし新しくチームを作り上げた。No.11灰塚の的確な判断から生まれるパスでゲームをコントロールする。No.10出口の力強いリバウンド、No.5野崎の鋭いドライブでバランスの取れたゲームメイクを目指す。新しいチームは一丸となって今大会に挑む。

*関西大学
昨年度は思うような結果を残すことができなかった関西大学だが、今年のチームは一味違い、粘りのディフェンスで相手のミスを誘い、速攻から確実に点を量産していく。No.19森山はチームオフェンスを生かしたプレイや瞬発力のあるドライブでチームに流れを作る。No.23古金谷は強い体幹を活かしたリバウンドとセンターでのマッチアップが見どころとなる。No.1山中はチーム随一のジャンプ力からアグレッシブな飛び込みリバウンドをし、勢いをもたらす。安定した関西大に注目したい。

*京都産業大学
昨年度の秋季大会で見事優勝した京都産業大学。新チームになり初の公式戦となる今大会では、勝つことはもちろん内容のある試合展開を見せてくれそうだ。堅実なディフェンスから常に速攻を狙い、アップテンポなバスケットを得意とする。昨年度から主力としてチームを牽引していた4回生。さらに、エースとして着実に力をつけたNo.7中島のどこからでも放たれるシュート正確性。No.13有木のスピード感あふれるボールさばきに目を当てたい。今大会ではシード校に勝利しBEST8進出し勢いをつけ、リーグ戦では虎視眈々と1部昇格を狙う。

広告